II類情報通信工学・電子情報学実験 (←こちらは2019年度版です)
音声・画像処理>音声処理



担当

野村 英之
教員室 西2-527
電子メール h.nomura(at)uec.ac.jp ((at)を@に置換してください)
メールはアドレスにuec.ac.jpを含むUECアカウントのメールアドレスから送信していださい.

実施方法

実験方法
実験方法をWebClassにまとめています.WebClassにログイン後,「2020 情報通信工学実験A/電子情報学実験A(音声処理)-野村-金2」を追加してください.
オンライン実施
2020年度はオンライン形式で実施します.自宅PCからCED端をリモートで使用するにはこちらを参照してください.なお,授業時間外でもCEDの利用可能時間であれば,作業は可能です.授業で終わらなかった課題を進めるようにしてください.
オンライン実施困難な場合
環境等の理由でオンライン実施が困難と想定される場合,可能な限り事前に野村まで電子メールで相談してください.対応方法を検討します.なお,その場合でも,WebClassの実験実施内容に目を通し,可能な限り,授業時間中に出席の手続きを行ってください(下の出欠確認を参照).
実験方法の説明
実験方法・注意事項の説明はZoomを用いて行う予定です.最初の説明は10:50くらいから開始し,その後,適時実施します.説明内容は動画で記録し,後日,WebClassへアップロードする予定です.
Zoomの利用
ZoomのミーティングID等はWebClassで示します.なお,Zoom利用にあたってはUECクラウドアカウント認証を行うので,事前にUECクラウドアカウント(gl.cc.uec.ac.jp)を有効化し(こちらを参照),ZoomにはUECクラウドアカウントでログインしてください.また,Zoomデスクトップアプリケーションは常に更新情報を確認し,最新版を使用するようにしてください.
質問・トラブルへの対応方法
実験中の質問はこちらのページ従ってください.基本的にZoomで挙手した後,チャットもしくはブレイクアウトルームでの音声対応を行います..
使用端末
各自が使用するCEDの端末については,CEDのページオンライン授業における端末割り当て一覧で確認してください.
出欠確認
出欠確認はWebClass上で行います.必ず授業時間内(10:40-16:10)に手続きを行ってください. 環境等の理由でオンライン実施が困難な場合も,可能な限り授業時間中に出席の手続きを行ってください.
レポート
提出はWebClassの指示に従ってください.こちらも参照してください.

補足説明

環境構築

  • CEDのページ自宅でCEDを利用する初期設定・確認方法に従ってください.音声処理実験についていえば,Windows, Macいずれにおいても「手順③:vncpasswdの設定」の
    [UECアカウント@soL ~]$ ssh -Y UECアカウント@red01.ced.cei.uec.ac.jp
    までの手続きでCEDの端末にログインできれば,実験は可能です(red01の部分は自分の使用端末名).
    • 全ての環境で当てはまるかわかりませんが,音声処理実験に関していうと,基本的にここまでの設定で実験可能で,これに続くvncpasswdの初期設定を含め,その後の手順は不要です.とはいえ,他の実験テーマでvncviewerを使用予定なので,手順⑤までできるようにしておいてください.
  • この状態で例えば
     [UECアカウント@red01 ~]$ emacs &
    でemacsのウィンドウが立ち上がる(コマンド後の&を入れるとバックグランドでプログラムの実行が可能です),また
    [UECアカウント@red01 ~]$ gnuplot
    
    	G N U P L O T
    	Version 4.6 patchlevel 2    last modified 2013-03-14 
    	Build System: Linux x86_64
    
    	Copyright (C) 1986-1993, 1998, 2004, 2007-2013
    	Thomas Williams, Colin Kelley and many others
    
    	gnuplot home:     http://www.gnuplot.info
    	faq, bugs, etc:   type "help FAQ"
    	immediate help:   type "help"  (plot window: hit 'h')
    
    Terminal type set to 'x11'
    gnuplot> plot [0:1] sin(2*pi*x) with line
    gnuplot> exit
    で,gnuplotで正弦波が表示されれば,音声処理実験は問題ありません(gnuplotはexitで終了).

GUI環境によるCEDの「ターミナル」の起動

GUI環境でターミナルを起動するにはこちらを参考にしてください.

CEDとローカルPC(自宅PC)とのデータのやり取り

レポート作成時,またローカルPCで作業を進めるには手元にデータが必要になります.そのための方法を紹介します.

  • ターミナル上でscpを用いてCEDとローカルPCのファイルのやり取りを行います.こちらを参照してください.
  • Mobaxterm使用時はこちらの方法でもファイルのやり取りが可能です.

音声データの表示とファイルへの保存

用意されている音声データファイルはバイナリ形式です(ヘッダなし,1サンプルあたり2バイト,サンプリング周波数16 kHz). このファイルの内容確認(画面への表示)は

$ ./ad2txt16 < speech_data/sin/sine_1k.ad

としてください. さらに画面へ表示されるデータをファイルに保存する場合,リダイレクト(>)使って

$ ./ad2txt16 < speech_data/sin/sine_1k.ad > sine_1k.ad.txt

としてください.

gnuplotを用いて複数のグラフを描画する方法

指導書の図5のように,gnuplotで複数のグラフを同時に描画,またその保存はこちらを参考にしてください.

レポート

書き方

  • 提出直前に慌てないように,得られたデータを使って,書ける項目からまとめていってください.
  • レポートは「手書き」,「ワープロ」,「TeX」のいずれかとします.手書きの場合(表紙も含め),黒または青のボールペン・万年筆等を使用すること.
  • 読み手のことを考えた,読みやすいレポートを目指してください.データのグラフも画像形式で保存し,ワープロ等への貼り付けで構いません.
  • 実験レポートの諸注意をこちらにまとめます.実験前にも目を通してください.

提出方法

  • WebClassからの提出になります.

関連サイト


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-23 (土) 10:47:00